自分のドライビングテクニックが楽しめる

現在の主流は、FFと呼ばれるフロントエンジンでフロント駆動の自動車ですが、カーマニアの間に根強い人気のFRと呼ばれるフロントエンジンでリア駆動の自動車の魅力は何でしょうか。
一言で表現するならば、じゃじゃ馬馴らしです。FF車に比べて運転が難しいと言われるのは、後輪が雨などで滑ってしまった時のコントロールの難しさに起因しています。これは、自分の意に反して自動車のテールがスライドしてしまうという状態ですが、カーマニア達は、意図してテールをスライドさせています。そのドライビングテクニックを習得する過程が大きな魅力になっています。
コーナーの進入の際にブレーキと同時にカウンター(逆ハン)を当ててわざとテールスライドを起こします。コーナリング中は、アクセルはパーシャルから踏み込む状態のままコーナーの出口に向かいます。この時、前に進む力と外に飛び出す力と重力が綱引きをしています。これらの動作のバランスが取れた時がベストパフォーマンスとして結果を残すことになります。わずかな瞬間のタイミングに集中しています。
ドリフト走行とグリップ走行のスピードを比較した場合、ドリフト走行はスリップしている分のパワーのロスは実際に生じています。
自分の意に反して自動車のテールがスライドした時、ついブレーキ踏んでしまいがちですが逆効果です。スピンしてコントロールを失うだけです。アクセルを踏んで前に進む力を増やした方がスライドは止まります。ただ、簡単は修得できません。