凍結路面での空転の可能性

FR(フロントエンジン・リアドライブ)のデメリットとして、凍結路面に弱くタイヤが空転しやすいというものがあります。
その理由としてはFRは重量物であるエンジンが車の前方にあり、駆動輪が後輪であるためその重さがタイヤに伝わりにくいためです。
タイヤにエンジンの重さが加わるFFでは地面が凍っていても、しっかりとタイヤにトラクションがかかるため滑らずに発進をすることができますが、FRの場合にはタイヤにトラクションが伝わりにくいためタイヤが空回りしてしまうことになるのです。
また、凍った道に限らず雪道にも弱く後輪に重量がないと地面としっかりグリップをすることができないため、やはりタイヤは空回りしやすくなってしまうのです。

発進がしにくいというだけでなく走行中の安定性にも欠けることになり、後輪が滑りやすいだけに頻繁に車体の尻を振ることになるため乗りなれていなければ、制御が出来ないということもあります。
このような欠点を少しでも解消するためには、トランクの中に重量物などを積んでおくことによってタイヤにトラクションがかかりやすくなり、滑りやすい道で発進をする時にもタイヤが空回りしにくくなり発進しやすくなります。