特徴について

FR(フロントエンジン・リアドライブ)は車の前方にエンジンがあり前輪を操舵に、後輪を駆動輪にすることで前輪と後輪の役割を分担させることによって効率的に車を動かすことができるという特徴があります。
前輪と後輪の役割が分担されることによって、大出力にも対応をすることができるのでパワーのある車にこの駆動方式が採用されることが多いという特徴があります。
また、FFのように車の前部に部品が集まるわけではないので全体的な重量配分が優れるという特徴があります。
前輪の切れ角を大きくとることができるというのも特徴のひとつであり、FFと比較した場合に最小回転半径を小さく抑えることができます。

短所としては後輪に動力を伝えるために、プロペラシャフトと呼ばれる部品が必要となりこれは車の下を通って後輪に繋がっているため車内が狭くなり易くなってしまいます。
また、部品の数が増えることによってFFよりもコストが高くなり安く、全体の重量も増えることで燃費の悪化にも繋がってしまいます。
重量物であるエンジンの荷重が後輪にかからないことで、凍結路面や雪道、濡れた路面を走行するときにはトラクションがかかりにくく安定性にかけてしまうという欠点があります。