スポーツカーや大型のセダンに採用

FRとよばれるフロントエンジンリアドライブな車はスポーツカーや大型セダンによく採用されています。FRが最適と判断される理由は主にハンドリングです。他のドライブ方式と違い、FRは取り扱いが楽であり、特に高速コーナーや高速道路での走行では力を発揮します。もちろん、雪道では4WDがいいですが、一般道ではFRが運転しやすいと言われています。また、FRは力を道路に与えるタイヤとハンドルを担当するタイヤが別々なこともメリットです。FFも普通車によく使われている方式ですが、動力を加えるタイヤとハンドリングが一緒なため、FF特有の嫌な挙動が起こることが多くあります。FRはそれぞれ別なためスムーズなハンドリングとフロントタイヤへの負担が減ります。ただし、FRは広い車内空間を取ることが難しいため、比較的車内空間が狭くても許される場合や、元々が大きな車体だから広い空間が十分取れる車種やグレードのみに設定されることが多いです。また、FRは車の理想的な重量配分と言われる50対50を設定しやすいともいわれています。MRのほうが取りやすいですが、FRのとーたるでのバランスの良さが重視されています。また、フロントにエンジンを置くことで車内空間の騒音も抑えられると言われています