走行安定性の低下(悪天候下、荒れた路面)

悪天候時は、車の運転にはいつも以上に注意が必要です。路面は、濡れることにより、走行安定性が、悪くなります。雨の降り始めには、路面の、砂やほこりが浮き上がり、タイヤが滑りやすくなります。雨がある程度降り続き路面に水溜りができるような状態になると、中、高速走行時ですが、タイヤと路面の間に、水の膜ができ、タイヤが水の上をすべるように走り、ハンドルでのコントロールがきかなくなる現象が発生することがあります。これをハイドロプレーニング現象といいます。これらはタイヤと、地面との接地面積が小さくなることで、タイヤが地面をグリップすることができなることも原因です。雪の日も同様です。雪の場合、タイヤと路面との接地面が溶けて、水分が流れることによって、すべるといわれています。そのため各タイヤメーカーはタイヤの溝を増やして、水を取り除くようにしています。また大雨や、大風の時は、道路が冠水して走行が不能となることがありますので、そういったときは運転は避けましょう。このように事故を未然に防ぐためにも普段から、タイヤの溝をチェックし、悪天候時は、極力運転は避け、もし運転中であれば、スピードを落とし、安全運転を心がけましょう。