最小回転半径が小さい

最近はFFが主流となってきて、FRの車が減ってきているためFRがどのような車なのか良く知らないという人も多いのではないでしょうか。
FRはフロントエンジン・リアドライブの略であり、エンジンが車の先端部分にあり駆動輪が後輪になっている駆動方式のことをさします。
このFRのメリットのひとつとしては、最小回転半径が小さいというものがあります。
つまり、小回りが利きやすいため同じ大きさの車があった場合にFFとFRではFRの方が小回りが利きやすいものとなっているのです。
その理由としてはFRの場合前輪と後輪が役割分担をされていて、後輪は駆動に前輪は操舵に使われることで前輪はFFとくらべてスペースに余裕があるのでその分だけハンドルの切れ角を大きくとることができます。
ハンドルを大きく切ることができれば、その分だけ小回りが利きやすくなるのです。

そのため、FRの車というのは高級車などの大型車に多いのですが車体の大きさに大して、小回りが利きやすいため見た目以上に運転がしやすいという車が多くあります。
このようにFRというのは前輪と後輪の役割を分担させることによって、小回りが利きやすくなるという利点が生まれるのです。