デメリット

FR(フロントエンジン・リアドライブ)現在それほど多くの車種に採用されている駆動方式ではないため、その特徴をしっかりと理解しておくと何かのときに運転をすることになった時に役に立ちます。

FRの大きなデメリットのひとつとして、凍結路面や雪道に弱いというものがあり慣れていない人は特に注意をして運転をする必要があります。
FRは重たいエンジンが車の前にあり、駆動輪が後輪となることで後輪に荷重がかかりにくいため凍結路面などの滑りやすい路面の場合には後輪が空転してしまいやすくなるという欠点があります。
そのため、発進をするだけでも難しく走り出しても車体後部が振られながら走行をすることになるため、アクセルワークなどが特にシビアになるという欠点があります。
この問題を少しでも解消するためには、トランクなどに重量物を積むことでタイヤに荷重をかけることができトラクションがかかりやすくなるので、このような欠点を多少改善することができます。

次に操縦面以外の短所としては、プロペラシャフトと呼ばれる後輪に動力を伝える部品が必要となるのでその分だけ車内が狭くなってしまい、居住性がFFと比較して劣ってしまうというものもあります。