未分類

FR(フロントエンジン・リアドライブ)のデメリットとして、凍結路面に弱くタイヤが空転しやすいというものがあります。
その理由としてはFRは重量物であるエンジンが車の前方にあり、駆動輪が後輪であるためその重さがタイヤに伝わりにくいためです。
タイヤにエンジンの重さが加わるFFでは地面が凍っていても、しっかりとタイヤにトラクションがかかるため滑らずに発進をすることができますが、FRの場合にはタイヤにトラクションが伝わりにくいためタイヤが空回りしてしまうことになるのです。
また、凍った道に限らず雪道にも弱く後輪に重量がないと地面としっかりグリップをすることができないため、やはりタイヤは空回りしやすくなってしまうのです。

発進がしにくいというだけでなく走行中の安定性にも欠けることになり、後輪が滑りやすいだけに頻繁に車体の尻を振ることになるため乗りなれていなければ、制御が出来ないということもあります。
このような欠点を少しでも解消するためには、トランクの中に重量物などを積んでおくことによってタイヤにトラクションがかかりやすくなり、滑りやすい道で発進をする時にもタイヤが空回りしにくくなり発進しやすくなります。

悪天候時は、車の運転にはいつも以上に注意が必要です。路面は、濡れることにより、走行安定性が、悪くなります。雨の降り始めには、路面の、砂やほこりが浮き上がり、タイヤが滑りやすくなります。雨がある程度降り続き路面に水溜りができるような状態になると、中、高速走行時ですが、タイヤと路面の間に、水の膜ができ、タイヤが水の上をすべるように走り、ハンドルでのコントロールがきかなくなる現象が発生することがあります。これをハイドロプレーニング現象といいます。これらはタイヤと、地面との接地面積が小さくなることで、タイヤが地面をグリップすることができなることも原因です。雪の日も同様です。雪の場合、タイヤと路面との接地面が溶けて、水分が流れることによって、すべるといわれています。そのため各タイヤメーカーはタイヤの溝を増やして、水を取り除くようにしています。また大雨や、大風の時は、道路が冠水して走行が不能となることがありますので、そういったときは運転は避けましょう。このように事故を未然に防ぐためにも普段から、タイヤの溝をチェックし、悪天候時は、極力運転は避け、もし運転中であれば、スピードを落とし、安全運転を心がけましょう。

FR(フロントエンジン・リアドライブ)現在それほど多くの車種に採用されている駆動方式ではないため、その特徴をしっかりと理解しておくと何かのときに運転をすることになった時に役に立ちます。

FRの大きなデメリットのひとつとして、凍結路面や雪道に弱いというものがあり慣れていない人は特に注意をして運転をする必要があります。
FRは重たいエンジンが車の前にあり、駆動輪が後輪となることで後輪に荷重がかかりにくいため凍結路面などの滑りやすい路面の場合には後輪が空転してしまいやすくなるという欠点があります。
そのため、発進をするだけでも難しく走り出しても車体後部が振られながら走行をすることになるため、アクセルワークなどが特にシビアになるという欠点があります。
この問題を少しでも解消するためには、トランクなどに重量物を積むことでタイヤに荷重をかけることができトラクションがかかりやすくなるので、このような欠点を多少改善することができます。

次に操縦面以外の短所としては、プロペラシャフトと呼ばれる後輪に動力を伝える部品が必要となるのでその分だけ車内が狭くなってしまい、居住性がFFと比較して劣ってしまうというものもあります。

最近はFFが主流となってきて、FRの車が減ってきているためFRがどのような車なのか良く知らないという人も多いのではないでしょうか。
FRはフロントエンジン・リアドライブの略であり、エンジンが車の先端部分にあり駆動輪が後輪になっている駆動方式のことをさします。
このFRのメリットのひとつとしては、最小回転半径が小さいというものがあります。
つまり、小回りが利きやすいため同じ大きさの車があった場合にFFとFRではFRの方が小回りが利きやすいものとなっているのです。
その理由としてはFRの場合前輪と後輪が役割分担をされていて、後輪は駆動に前輪は操舵に使われることで前輪はFFとくらべてスペースに余裕があるのでその分だけハンドルの切れ角を大きくとることができます。
ハンドルを大きく切ることができれば、その分だけ小回りが利きやすくなるのです。

そのため、FRの車というのは高級車などの大型車に多いのですが車体の大きさに大して、小回りが利きやすいため見た目以上に運転がしやすいという車が多くあります。
このようにFRというのは前輪と後輪の役割を分担させることによって、小回りが利きやすくなるという利点が生まれるのです。

新しく車を買う必要に迫られて、自動車のことは全くの門外漢という人が車のことを少しずつ調べ始めると、車には駆動方式の違いがあることが分かります。FF(フロントエンジン・フロントドライブ)とか、FR(フロントエンジン・リアドライブ)という用語が出てくるわけですが、車の心臓とも言われているエンジンが、フロントのボンネットの中に搭載されているという部分では、FFもFRも違いはありません。フロントタイヤを駆動させて動くのか、それともリアタイヤを駆動させて動くのか、という部分に違いがあります。どんなタイプの車にしようか、と選んでいると気が付くかもしれませんが、比較的小型な車は、前輪を駆動させて動くFFタイプのものが多く、いわゆるスポーツカーと呼ばれるようなタイプの車や、大型の車にはFRタイプのものが多くなっています。FRの車では、フロントタイヤは舵を取る役目を担い、リアタイヤは駆動する役目を担っているので、フロントタイヤで両方の役目を果たさなければならないFFの車に比べると効率的です。構造的にもドリフトのような操作もしやすいので、スポーティな走りを楽しみたいなら、FRタイプの車を選ぶべきかもしれません。

フロントエンジン・リアドライブとは車の駆動方式のことであり、車体前部にエンジンを搭載してシャフトを通して後輪を駆動させる方式です。一般的にはFRと呼ばれています。
他の駆動方式は車体前部にエンジンを搭載して前輪を駆動させるフロントエンジン・フロントドライブ(FF)や車体の真ん中にエンジンをおいて後輪を駆動させるミドルエンジン・リアドライブ(MR)などがあります。
フロントエンジン・リアドライブのメリットとしては、車体全体に重量配分がなされている点が挙げられます。エンジン、トランスミッション、ギア、シャフトがバランスよく配置されていますので走行時の安定性がとても良いです。そのため快適な乗り心地を必要とする高級車や重量バランスが重要なトラック、あるいはスポーツカーなどに採用されています。
スポーツカーに搭載される理由としては、前輪が操舵目的で後輪が駆動目的と役割分担が出来ますのでタイヤの性能に余裕が生まれまるため、より高性能なエンジンを搭載出来るためです。またドリフト走行をしやすい点もスポーツカーに採用される理由です。
以前はほぼ全ての車がFR形式でしたが、その後小型車の普及などによりどんどんFF形式の自動車が増えていきました。しかしFR形式の乗り心地には根強い支持がありますので、引き続き今後のFR車の開発には期待したいです。

FRとよばれるフロントエンジンリアドライブな車はスポーツカーや大型セダンによく採用されています。FRが最適と判断される理由は主にハンドリングです。他のドライブ方式と違い、FRは取り扱いが楽であり、特に高速コーナーや高速道路での走行では力を発揮します。もちろん、雪道では4WDがいいですが、一般道ではFRが運転しやすいと言われています。また、FRは力を道路に与えるタイヤとハンドルを担当するタイヤが別々なこともメリットです。FFも普通車によく使われている方式ですが、動力を加えるタイヤとハンドリングが一緒なため、FF特有の嫌な挙動が起こることが多くあります。FRはそれぞれ別なためスムーズなハンドリングとフロントタイヤへの負担が減ります。ただし、FRは広い車内空間を取ることが難しいため、比較的車内空間が狭くても許される場合や、元々が大きな車体だから広い空間が十分取れる車種やグレードのみに設定されることが多いです。また、FRは車の理想的な重量配分と言われる50対50を設定しやすいともいわれています。MRのほうが取りやすいですが、FRのとーたるでのバランスの良さが重視されています。また、フロントにエンジンを置くことで車内空間の騒音も抑えられると言われています

現在の主流は、FFと呼ばれるフロントエンジンでフロント駆動の自動車ですが、カーマニアの間に根強い人気のFRと呼ばれるフロントエンジンでリア駆動の自動車の魅力は何でしょうか。
一言で表現するならば、じゃじゃ馬馴らしです。FF車に比べて運転が難しいと言われるのは、後輪が雨などで滑ってしまった時のコントロールの難しさに起因しています。これは、自分の意に反して自動車のテールがスライドしてしまうという状態ですが、カーマニア達は、意図してテールをスライドさせています。そのドライビングテクニックを習得する過程が大きな魅力になっています。
コーナーの進入の際にブレーキと同時にカウンター(逆ハン)を当ててわざとテールスライドを起こします。コーナリング中は、アクセルはパーシャルから踏み込む状態のままコーナーの出口に向かいます。この時、前に進む力と外に飛び出す力と重力が綱引きをしています。これらの動作のバランスが取れた時がベストパフォーマンスとして結果を残すことになります。わずかな瞬間のタイミングに集中しています。
ドリフト走行とグリップ走行のスピードを比較した場合、ドリフト走行はスリップしている分のパワーのロスは実際に生じています。
自分の意に反して自動車のテールがスライドした時、ついブレーキ踏んでしまいがちですが逆効果です。スピンしてコントロールを失うだけです。アクセルを踏んで前に進む力を増やした方がスライドは止まります。ただ、簡単は修得できません。

FR(フロントエンジン・リアドライブ)は車の前方にエンジンがあり前輪を操舵に、後輪を駆動輪にすることで前輪と後輪の役割を分担させることによって効率的に車を動かすことができるという特徴があります。
前輪と後輪の役割が分担されることによって、大出力にも対応をすることができるのでパワーのある車にこの駆動方式が採用されることが多いという特徴があります。
また、FFのように車の前部に部品が集まるわけではないので全体的な重量配分が優れるという特徴があります。
前輪の切れ角を大きくとることができるというのも特徴のひとつであり、FFと比較した場合に最小回転半径を小さく抑えることができます。

短所としては後輪に動力を伝えるために、プロペラシャフトと呼ばれる部品が必要となりこれは車の下を通って後輪に繋がっているため車内が狭くなり易くなってしまいます。
また、部品の数が増えることによってFFよりもコストが高くなり安く、全体の重量も増えることで燃費の悪化にも繋がってしまいます。
重量物であるエンジンの荷重が後輪にかからないことで、凍結路面や雪道、濡れた路面を走行するときにはトラクションがかかりにくく安定性にかけてしまうという欠点があります。